セラゼッタ通販を活用すれば、妊娠におびえることもなくなる

予期せず妊娠してしまった女性避妊に関する知識量は、世界基準で見ても日本は非常に乏しいといえます。

海外では低用量ピルやアフターピルがOTCとして当たり前のように購入することができたりするのに、日本では婦人科などで診察を受けて処方してもらう以外に手に入れる方法はほとんどありません。

 

そのため、日本で主流となっている避妊法というのがコンドームを用いた方法になっています。

しかしながら、このコンドームを用いた避妊法は適切にコンドームを使用したとしても避妊率は85%程度であり、20%近い確率で妊娠してしまうとされています。

更に、この85%程度という避妊率は適切にコンドームを使用した場合の数値であり、適切にコンドームを使用する方法を知らないという男性は非常に多くなっており、多くの人が間違ったコンドームの使い方をしてしまっており、更に避妊率は低いというのが現状です。

 

夫婦一緒になって将来設計をして、子作りをしようと考えていたのに間違ったコンドームの使い方をしてしまって思いもよらないタイミングで妊娠してしまう。

そうしたケースは今も後を絶ちません。

更にさらに、コンドームはあくまでも男性主体の避妊法であるため、女性が自己防衛することが難しいというケースもあります。

パートナーが避妊に協力してくれないとなれば、自分でどうにかするしかありません。

得てして、そうした男性の場合はコンドームの使用法も間違っているといったことが多いので、不本意な妊娠をしないためにも自分で気を付ける必要があるわけです。

 

すぐにセラゼッタを購入するなら

セラゼッタのパッケージ既に、低用量ピルを使っていたり、セラゼッタなどのミニピルを使っている方はすぐに購入できます。

まだ、低用量ピルを使ったことが無かったり、使い方が分からない場合には、事前にそうした知識をつけて購入するようにしましょう。

通販でピルを購入する場合、ピルの使用は全て自己責任となってしまいます。

そのため、適切な用法用量や副作用、併用禁忌といった最低限の部分はチェックしておく必要があります。
セラゼッタの購入はこちら

 

セラゼッタ通販で女性主体の避妊を

低用量ピルのイメージ低用量ピルは、そうした女性が自分でできる女性主体の避妊法であるからこそ男性に依存することも無いですし、避妊率も99%以上とほぼ確実に避妊ができるとして多くの女性が使っているのです。

 

そんな、女性主体の避妊法である低用量ピルの中でも最近大きな注目を集めているのがセラゼッタです。

 

セラゼッタは低用量ピルの中でも特に副作用などの心配が小さいとされているミニピルに分類されるものになります。

低用量ピルであれば黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類が有効成分として配合されていますが、ミニピルであるセラゼッタには卵胞ホルモンは配合されておらず、黄体ホルモンであるデソゲストレルのみを配合したピルになります。

 

副作用の心配が少ないというメリットがある反面、通常の低用量ピルよりも長い期間飲み続けることで避妊効果を発揮するようになって、飲み忘れてしまったような場合にも効果が消失するまでの時間が短いといったデメリットもあります。

 

しかし、低用量ピルが副作用が強くて使えないというような女性でも、使えることから高い人気を誇っています。

普通の低用量ピルを使いたいけど、使えない。

より体に優しいピルを使って避妊をしたいと考えている場合には、セラゼッタなどのミニピルは最適なものになってくれるでしょう。

 

セラゼッタを入手する方法は通販と病院

通販を利用する女性ミニピルのセラゼッタを使って避妊をしようと考えた場合、まずしなければならない事としては、セラゼッタを手に入れるという事。

このセラゼッタを手に入れる方法にはいくつかの方法があります。

一つが、通販を利用して手に入れるという方法

もう一つが、病院で処方してもらうという方法になります。

どちらの方法も手に入れることができることには変わりはありませんが、どちらの方法を利用して手に入れる場合であっても、気をつけなければならない事があるのでその点についてはきちんと把握した上で、利用する方法を選択するようにしましょう。

 

通販を使って手に入れる場合のデメリットとメリット

では、まず通販を利用してセラゼッタを手に入れる上でのデメリットやメリットを見ていきましょう。

病院と通販のメリットやデメリットをそれぞれに把握した上で、自分にとってどちらの方が都合が良いかを判断することができるでしょう。

 

通販を利用して手に入れる上でのデメリットは

・手元に届くまでに時間がかかる

・悪徳業者はゼロじゃない

・すぐに手に入らない

 

通販を利用して手に入れる上でのメリットは

・費用的な負担が安い

・時間や場所などを気にせず注文できる

・家族や知り合いにばれることもない

 

といったことがあげられます。

手に入れるまでに時間がかかる分、安い上に時間や場所に左右されずに注文できるといったメリットがあります。

ただし、安さを求めすぎたりすると悪徳業者などに騙されてしまうリスクもゼロではありません。

 

病院で処方してもらう場合のデメリットとメリット

では、次に病院で処方してもらう場合のデメリットやメリットについて紹介していきます。

 

病院で処方してもらう場合のデメリットは

・取り扱っていない場合がある

・自由診療のため、薬が高価

・薬以外にも診察や検査費用が必要になる場合も

・診察時間などに制限がある

 

病院で処方してもらう場合のメリットは

・すぐに手に入れることができる・用法用量や併用禁忌などについて説明を受けられる

 

といったことがあげられます。

病院で処方してもらう場合に一番気を付けなければならないことは、セラゼッタは取り扱っている病院が限られているという事。

ですから、病院ならどこでも処方してもらえるというワケではないので、事前に確認する必要があります。

そのほかにも、診察費用なども必要になりますし、診察を受けるためには診療時間内に病院に足を運ぶ必要もあります

このように、通販に比べると病院で処方してもらう場合はデメリットは多くなっています。

 

しかし、診察を受けた後にすぐ処方してもらう事ができたり、セラゼッタの正しい使い方、飲み合わせの悪い薬を飲んでいないかといった判断を専門家である医師にしてもらえるようになっているので、安心できるというメリットはあります。

 

このように、通販と病院で処方してもらう場合には様々な違いがあるので、その時の状況に合わせてどちらの方が適しているのかを考えて、セラゼッタを購入するようにしましょう。

 

はじめて、セラゼッタを使うという場合は病院が良いでしょう。

飲み方なども自分で調べる必要が無く、医師から正しい方法を教えてもらえますし飲み合わせの確認もしてくれるので安心です。

そうして、知っておきたい事を知った上で、後は続けて服用するだけというような状態になった後は、薬の代金と送料だけで購入できる通販が最適となっているわけです。

 

そもそもセラゼッタの通販は問題ないの?

考える女性ミニピルであるセラゼッタの入手方法は理解できたとしても、疑問が残るという人もいるでしょう。

その疑問というのが、そもそも通販で薬を購入しても問題ないのか?ということ。

 

処方箋が必要になる医薬品を売買すれば、売る側も買う側も法律違反となってしまいます。

そのため、通販でセラゼッタを購入するというのは違法になるのではないかという懸念が出てきます。

ですが、セラゼッタ通販を利用してセラゼッタを手に入れることは基本的に違法にはなりません。

その理由というのが、このセラゼッタ通販は本当に通販のように売買をしているわけではないからです。

 

通販という体ではありますが、実際に行っているのは個人輸入の代行と呼ばれるサービスになります。

日本では処方箋医薬品を処方箋無しに売買することは禁止されていますが、医薬品を海外から個人的に輸入して使う事は禁止されていません。

もちろん、医薬品の中にはそもそも個人輸入も禁止されているものもあります。

個人輸入の代行サイトは、そうした医薬品の取り扱いは基本的に行っていません。

個人輸入自体が禁じられている医薬品を取り扱えば、当然、サイト自体が閉鎖してしまう可能性が出てくるので、取り扱わないのです。

ですから、こうしたサイトで取り扱っている医薬品は基本的に全て輸入が認められているものになるので、安心して利用できます。

 

セラゼッタ通販の個人輸入代行の利用手順は?

通販の使い方を調べる女子セラゼッタ通販を利用するときの手順は非常に簡単で、一度体験すればだれでもすぐに覚えられるほど。

特に、ネット通販サイトをこれまでに利用したことがあるという人の場合は、何も知らなくてもすぐに使う事ができるでしょう。

 

なぜなら、セラゼッタの個人輸入の代行を注文するのと、ネット通販を利用して商品を購入する手順が同じであるためネット通販を利用したことがある場合は、それと同じ手順で輸入ができるわけです。

 

これこそが、セラゼッタの個人輸入が個人輸入と呼ばれず通販と呼ばれる所以であるとも言えます。

 

利用手順は、大きく分けて5つ

・利用するサイトでセラゼッタを探す

・セラゼッタを買い物かごに入れる

・届け先を指定する

・代金支払いの方法を選択して支払う

・セラゼッタが届くのを待つ

 

たったのこれだけで済みます。

それぞれの手順で、難しい手続きが必要になったりすることもないので実際に注文をしようと思って利用するサイトを決めてから5分もかからずにセラゼッタの注文を完了させることも不可能ではありません。

当然、利用に慣れてくれば注文完了までの時間を更に短縮することも出来るでしょう。

 

しかし、通販を利用してセラゼッタを手に入れる時には注意すべきポイントもあります。

これは通販を利用して手に入れる時のデメリットでも紹介した、手元に届くまでに時間がかかるという事。

海外から医薬品を個人的に輸入するわけだから、手元に届くまでに時間がかかるという理由は理解できたでしょう。

では実際にどのぐらいの時間がかかるのでしょうか?

実際は、2週間程度かかります。

そして、ミニピルであるセラゼッタは既に説明したように毎日服用を続けることで避妊効果を発揮し、服用するのを忘れてしまうとすぐに避妊効果が消失してしまうという特徴を持っています。

 

ですから、通販でセラゼッタを購入して避妊を行うという場合には、服用できない期間ができないように2週間以上前もって注文をする必要があります

幸い、セラゼッタ通販では、ある程度の数をまとめて注文することができるようになっているので、多めに注文しておいて、無くなりそうになってきたら途切れてしまう日ができないように日にちを逆算して注文するようにしましょう。

 

この部分にさえ気を付けるようにしておけば、セラゼッタ通販を利用しながらの継続服用は問題なく行えるでしょう。

 

通販で買えるセラゼッタがオススメの人とは

副作用に悩む女性低用量ピルを使っていたけど、副作用が辛いからセラゼッタにするという人もいますが

まだ、低用量ピルもミニピルも使ったことが無いという場合はどちらにするか迷ってしまう事もあるでしょう。

そこで、ここではミニピルを使った方がよい人を紹介していきます。

 

・喫煙者

・高血圧症

・40歳以上

・肥満

といった方が、ミニピルの利用を行った方がいい人になります。

 

元々、低用量ピルには血栓症と呼ばれる血管が詰まってしまう副作用があります

上に挙げた、喫煙者や高血圧の方、40歳以上や肥満といった方が血栓症のリスクは高い為、低用量ピルを服用によって血栓症とならないよう、ミニピルの利用が推奨されています。

 

低用量ピルでも問題なく使えているという場合は、低用量ピルのままでも何ら問題はありません。

しかし、低用量ピルの場合は、休薬期間があることから休薬期間明けに飲み忘れてしまうという事は珍しくありません。

 

しかし、ミニピルであるセラゼッタには休薬期間はなく、毎日ずっと飲み続けることで効果をずっと発揮し続けるタイプのピルになるので、休薬期間があることで飲み忘れてしまう事があるという人は、低用量ピルではなくミニピルを使って毎日飲むという習慣をつけてみるというのも良いでしょう。

こちらに関しては、ピルを使う人の生活習慣などが大きく左右する問題になるので、自分にとってどちらの方が適しているのかというのをよく考えた上で判断するようにしましょう。

自分にとって最適なピルを使って望まない妊娠を未然に防いでいきましょう。

 

通販で購入したセラゼッタを使っている人の口コミ情報

 

セラゼッタを使って良かった人の口コミ

まさみ

女性のイメージ私がセラゼッタを使い始めた理由は、飲み間違いがないからですね。

これまで、トリキュラーを使ってたんですけどあれって飲む順番も決まってるじゃないですか。

急いでる時なんかだと、シートから出すヤツを間違えちゃってあぁ~ってなっちゃうことも多いし、初めのうちは気を付けるんだけど、途中からそれもどんどん面倒になっちゃって

それなら、順番もないこれでいいかなって思って使ってます。

今のところ副作用みたいなこともないし、飲む順番も無いので変なストレスを抱えることも何で、助かってますね。

 

まさこ

女性のイメージ私がセラゼッタを使い始めた理由は医師の勧めですね。

避妊の為にピルを飲もうかと病院で診察を受けたんですが、ある程度年齢がいってると血栓症などのリスクが増えるので、こちらのセラゼッタならそのリスクが少ないという事で使ってます。

子供ができないようにピルを飲んでいるのにその副作用で命に危険が及ぶとなるとやっぱり、怖いですからセラゼッタを使わせてもらってます。

使い始めてから今まで、特に副作用を感じることも無いですし、毎日のようにしてますけど妊娠もないので、本当に良かったです。

 

乙葉

女性のイメージ子供ができないための自衛としてアフターピルは持ってるんですけど、普段の避妊に関しては、彼に全部任せきりって状態でした。

でも、最近はアフターピルがあることをいいことに中で無理やりなんていう事も増えてるので、セラゼッタを使ってます。

アフターピルの副作用は結構きつかったんで、セラゼッタを使うときもちょっと怖かったんですけど、特に大きな変化もなくて生活に支障が出たりもないのでこれからも使い続けようと思うけど、ちょっと毎日飲むのが面倒かなって思うときもありますね。

 

セラゼッタを使って良くなかった人の口コミ

 

ゆか

女性のイメージ低用量ピルとミニピルを両方使いましたけど、私はやっぱり低用量ピル派かなぁ~。

毎日飲むのは忘れないでいいけど、毎日飲むとなるとやっぱり飲むことが面倒になってきちゃって無理だった。

その点、低用量ピルの方は一時的にピルから解放されるから、何となくお休み気分もあって好きかな。

悪くはないけど、ちょっと手間っていう感じでした。

 

みゆき

女性のイメージミニピルを使って避妊をしてたんですが、たった一日飲み忘れたのが悪いんですけど

それで、妊娠しちゃったんですよね。

普通のピルなら一日は何とか避妊効果が続くっていうのを知っていれば、普通のピルにしてたかも。

アフターピルがあったから助かったけど、普通に毎日飲むから忘れないと思ってても意外と忘れちゃうからそこはちょっと注意かな。

 

春香

女性のイメージ毎日飲んではいますけど、時々忘れそうになってしまうのが大変です。

とはいえ、これを飲まないと避妊はできないので仕方なく飲んでいるっていう感じですね。

効果は実感できていますが、ただただ手間がかかるというのと一日でも開けたらだめなので、お金の部分でちょっと大変かなっていう印象です。

 

 

通販で買えるセラゼッタの口コミまとめ

口コミ情報を見る女性今ではたくさんの人が利用しているミニピルのセラゼッタですが、実際に利用している人の意見は様々です。

が、多かった意見としては低用量ピルを使ってダメだった人でも大丈夫だったというのと、飲み忘れてしまって失敗したという意見です。

 

セラゼッタに限らず、ミニピルと呼ばれるピルは低用量ピルとは違って効果の持続が薄い為、飲み忘れがそのまま妊娠へ直結してしまう可能性が高いというリスクがあります。

ですが、アラームなどを活用して飲み忘れに細心の注意さえ払う事ができれば、副作用が小さく避妊効果は低用量ピルの99%と同じ避妊率の高さを誇るため非常に心強い味方になってくれます。

 

セラゼッタを通販で購入するときの一緒に購入しておくとよいもの

アフターピルのイメージセラゼッタは通販で購入できますが、この通販ではセラゼッタ以外にも様々な医薬品の個人輸入が可能になっています。

そのため、セラゼッタを注文するときは一緒に事後避妊が可能となるアフターピルも一緒に注文しておくと、セラゼッタを飲み忘れてしまった時などにも対処することができるようになります。

飲み忘れてしまう可能性があるという場合は、避妊に失敗した場合でも対応できるようにしておくことで、飲み忘れてしまっても避妊ができるので安心です。

 

当然、アフターピルを個人輸入で購入する場合はセラゼッタを通販で購入するときと同じメリットやデメリットを持っています。

特に、アフターピルの場合は価格の差が顕著で、通販の場合は1錠1,500円程度なのに対し、病院では1錠10,000円近くします。

 

病院はすぐに処方してもらえるので、緊急事態では病院を使うほかないですが予め準備しておくのであれば、病院で処方してもらうよりも通販を利用して手に入れる方がよいでしょう。

 

 

セラゼッタを購入する

セラゼッタのパッケージ黄体ホルモンのみが配合されたピルの中でも、副作用などのリスクが最も小さいミニピルに属しているセラゼッタ。

 

日本では処方しているクリニックも限られているので、手に入れるという場合は通販を利用するのが一般的になっています。

低用量ピルを使っているけど、飲み忘れてしまう。

副作用が強くて、低用量ピルを使いたいけど使えない。

そうした人には最適なピルとなっています。

 

セラゼッタの購入はこちら