通販で買えるセラゼッタは、あなたに合った避妊法かも?

\90秒で注文完了/セラゼッタの購入はこちら
カップルの画像『避妊といえばコンドーム』というイメージはいまだに根強く残っているところはありますが、きちんと調べてみれば今や避妊方法にはさまざまな選択肢が存在しています。

妊娠は女性の体の中で行われ、妊娠による直接的な負担がかかるのは主に女性の方です。それなのに、男性主体で使われるコンドームが唯一の避妊対策という認識には違和感があります。

こうして選択肢が増えた今、自分に合った避妊方法を選ぶことで、全てのペアが安心して性行為を行えるようになれたら喜ばしいことです。

通販で買えるセラゼッタは優秀なピル

セラゼッタのパッケージ現在は避妊対策をしたい男女のために、いろんな医療薬や器具が考えられています。

女性が主体となって行う避妊方法の中でも、おすすめなのがピルの服用です。

女性は妊娠の他にも生理周期、排卵、肌荒れやPMS(月経前症候群)などの体の悩みが尽きません。ピルは服用を続けることでほぼ99%越えの避妊対策ができるというだけでなく、ホルモンバランスを整えて肌荒れの改善やPMS症状の軽減に役立ちます。

特にミニピルという種類のピル『セラゼッタ』は、通販から簡単に購入できるという点においても、おすすめできるミニピルです。

ピルとしての避妊効果を持つだけでなく、女性特有の病気によってピルを飲めないという人の体にも、やさしく作用する効能を持っています。そのため「ほかのピルは飲めないけどセラゼッタは体に合う」という人は少なからずいるでしょう。

このように自分の体に1番合う避妊方法と出会うことで、避妊対策へのイメージや積極性にも変化が訪れるかもしれません。

セラゼッタだけじゃない、避妊対策のいろいろ

現在の避妊方法として支持を得ているもの、徐々に広まりつつあるものはいくつかあります。いざという時に自分の身を守れるように、情報や商品を知っておきましょう。

ミニピル

ミニピルのイメージ卵胞ホルモンを含まず、黄体ホルモンだけ配合したピルです。

そのため低用量ピルよりも体に与える影響が少なく、穏やかに作用していきます。しかし避妊の効果が劣るということはないので、避妊薬としても優秀です。

子宮がんなど産婦人科の病気の人でも服用できるので、より幅広い女性に使用をおすすめできます。

ピルでまれに見られる副作用のひとつに血栓症の症状がありますが、ミニピルの副作用は血栓症のリスクが低いとされています。

低用量ピルとの大きな違いのひとつは、休薬期間がないことです。服用を開始したら、毎日飲み続ける必要があります。

低用量ピル

低用量ピルの画像卵胞ホルモンと黄体ホルモンを配合したピルです。配合された成分が少なく、ほぼ日常的に服用することでゆっくり体に作用していくので、副作用が起こりにくくなっています。

一ヶ月の服用中に休薬期間が7日間設けられており、休薬期間中に偽薬を飲んで服用を習慣づけるタイプと、休薬期間中は何も飲まないタイプの2つがあります。

低用量ピルの大きな特徴として、生理周期を安定させるだけでなく、生理周期を調整できるという効能があります。飲むタイミングを変えるだけで、生理周期を早めることが可能です。旅行やアウトドアの予定に合わせられます。

また低用量ピルは種類が多いので、自分の体と好みに合うものを選ぶ余裕があります。

アフターピル

アフターピルのイメージ画像アフターピルは性行為する事前に避妊対策を完了させる通常のピルとは違い、避妊に失敗した性行為の後で飲む緊急用ピルです。

低用量ピルに比べて成分量が多く、体内のホルモンに急激な変化を与えるので、妊娠を高確率で回避することができます。

成分量が多いので日常的に使用するには不向きですが、いざという時のために持っておくと、失敗したときの不安も軽減されます。

避妊用フィルム

避妊フィルムのイメージ画像避妊用フィルムは膣内に装着して避妊対策する、いわば女性用のコンドームです。

服用タイプではないので、頭痛や吐き気などの副作用が起きないというメリットがあります。ピルの成分で体調を崩しやすいという人にはおすすめです。

コンドーム

コンドームのイメージ画像コンドームは避妊対策として、現在もメジャーな方法のひとつです。

種類が豊富で、薬局やコンビニですぐに買えるというメリットがあります。

避妊対策にはもちろんですが、粘膜が接触するのを防いで性病感染を防止する方法として有効です。

 

セラゼッタの購入はこちら

コメント