セラゼッタとアフターピルは同じホルモン成分でも別の物?通販で買えるピルの違い

\90秒で注文完了/セラゼッタの購入はこちら
予期せず妊娠してしまった女性 低用量ピルの存在が日本でもようやく一般的なものになり始めました。

避妊目的だけでなく、肌を整えたり月経周期を安定させたりするためにも使用され、多くの女性の日常を支えるアイテムの1つといってもいいでしょう。

低用量ピルはいろいろな製薬会社から開発されていますが、少し違ったタイプの低用量ピルとして注目されているのがセラゼッタです。

セラゼッタは低用量ピルの中でも『ミニピル』とよばれる種類で、黄体ホルモンのみを配合して作られています。

他の低用量ピルに比べると成分の種類は減っていますが、避妊効果が大幅に弱まったりすることはありません。

一般的な低用量ピルを使用できない人にとって、セラゼッタは新たな可能性を持ったピルなのです。

セラゼッタとアフターピル・通販で買える2種類のピルの違いとは

予期せず妊娠してしまった女性 一口にピルといっても、低用量ピルやミニピルを含めさまざまなものがあります。

低用量ピルと大きな違いを持っているのが、アフターピルです。

実は、ミニピルのセラゼッタとアフターピルには共通点があります。

しかし活用場面がそれぞれ違うので、セラゼッタの代わりにアフターピルを使うような事態にはほとんどならないと考えていいでしょう。

セラゼッタとアフターピル、2つのピルの共通点と大きな違いについて紹介します。

セラゼッタとアフターピルは有効成分が同じ

セラゼッタを作る有効成分は、デソゲストレルという黄体ホルモンです。

そしてアフターピルの有効成分には、ほとんどがレボノルゲストレルという黄体ホルモンのみが配合されています。

このように、どちらも黄体ホルモンのみで作られたピルなのです。

ほとんどの低用量ピルには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2つのホルモン剤が含まれています。

どちらのホルモンも女性の体にとっては重要なものですが、黄体ホルモンの方が妊娠により深く関わっているホルモンなので、黄体ホルモンだけで作られたセラゼッタもアフターピルももれなく高い避妊効果を持っています。

セラゼッタとアフターピル、黄体ホルモンの名前に違いがあるのはなぜ?

薬を飲む女性同じ黄体ホルモンなのに、デソゲストレルとレボノルゲストレルという名前に違いがあるのは、それぞれ開発された世代が違う黄体ホルモンだからです。

黄体ホルモンは開発された順に『第○世代』という単位がつけられ、区別が付けられています。

レボノルゲストレルは第2世代、デソゲストレルは第3世代と決まってるので、セラゼッタに配合されたデソゲストレルの方が後から開発された黄体ホルモンということになります。

名前と開発の順番以外にも違いがあり、第2世代のレボノルゲストレルより、第3世代のデソゲストレルの方がプロゲスチンの強いホルモンになっています。

プロゲスチンとは黄体ホルモンの持つ作用のことですが、プロゲスチンが強ければ強いほど作用が強まる傾向にあります。

作用が強まるとそれだけピルとしての効果も強まりますが、副作用のリスクも上がりやすい可能性があることを知っておきましょう。

セラゼッタとアフターピル、役割に違いがある2つのピル

予期せず妊娠してしまった女性ではセラゼッタとアフターピルの大きな違い、成分量とそれぞれの持つ役割についてです。

セラゼッタ

まず、セラゼッタは毎日飲むのを続けることで、避妊の準備ができた体を作ります

セラゼッタによる避妊効果は、日々体内の環境を変化させて避妊が完了した状態にするというものです。

体内では妊娠しにくい環境が仕上がっているので、コンドームを付けずに性行為をしても妊娠する心配は約0.1%という効果の高さを誇っています。

セラゼッタにはデソゲストレルが0.075mg配合されているので、毎日1錠ずつ服用を続け、時間をかけて避妊することになります。

アフターピル

一方でアフターピルは、性行為の後に飲むことで避妊を完了させるものです。

アフターピルでは、1錠にレボノルゲストレルが1.5mgほど配合されています。セラゼッタと比べると10倍以上の成分量になります。

性行為中にコンドームが破れたり、ピルの効果が切れていたり、性犯罪に巻き込まれた時など、避妊が間に合わなかったもしもの時に活躍するのがアフターピルです。

セラゼッタのように少しずつ効果を現すミニピルとは大きく違い、一度に大量の黄体ホルモンを摂取して体内の環境を急速に変えることで、妊娠しにくい体を作ります。

この効果によって、避妊できなかった性行為の後からでも妊娠を防ぐというのがアフターピルの役割なのです。

アフターピルは緊急避妊薬ともよばれ、文字通り緊急時に使用されるピルです。

ノルレボ錠や、そのジェネリックにあたるアイピルなどがよく使われています。

セラゼッタとアフターピル、通販で買える2つのピルの違い・まとめ

セラゼッタのパッケージセラゼッタとアフターピルは、どちらも黄体ホルモンだけで作られたピルという共通点があります。

しかし、使用する場面には違いがありセラゼッタは少量の錠剤を毎日飲み続けることで避妊状態の体を作りますが、アフターピルは多量の成分量を一度に摂取して緊急の妊娠に備える効果を持ちます。

セラゼッタとアフターピルはどちらも通販で購入できるので、使用場面に合わせて購入しておくとより安心できるでしょう。

セラゼッタの購入はこちら

コメント