通販で買えるセラゼッタを使うと何が起こるのか

\90秒で注文完了/セラゼッタの購入はこちら
予期せず妊娠してしまった女性 女性から積極的に行える避妊対策として有効なのが、ピルを服用することです。

一口にピルといっても、ピルにはいくつかのタイプがあります。

低用量ピル、中用量ピル、アフターピル、ミニピルなど…

人によってピルの好みはあると思いますが、今回おすすめしたいのはミニピルのセラゼッタです。

通販で買えるセラゼッタと低用量ピルを比べてみた

通販を使う女性セラゼッタは通販で買える使いやすいピルで、配合されている成分が少なめという点では低用量ピルと似ているかもしれません。

セラゼッタと低用量ピルの特徴について比較してみました。

低用量ピルの特徴

低用量ピルの有効成分は卵胞ホルモン黄体ホルモンです。

副作用が現れにくいように、少なめの成分が配合されています。

1シートの中でも成分の分量に変化をつけて作られているタイプがあり、分量の違いによって1相性・2相性・3相性に分けられます。分量に変化がある場合は、1シート内で服用する順番が決まっています。

また種類によって、21錠タイプと28錠タイプがあります。

低用量ピルには7日間の休薬期間がありますが、21錠タイプの場合は休薬期間に薬を飲みません。28錠タイプの場合は休薬期間に偽薬を飲むことで、ピルを飲む習慣を忘れないように工夫されています。

低用量ピル使用の良い点

高い避妊成功率

低用量ピルは、正しく使用すると99%以上の確率で避妊に成功します。

副効用が多い

避妊効果のほかにもさまざまな効能を持っており、PMS(月経前症候群)の症状を和らげたり、ホルモンバランスを整えることで生理の周期を安定させるという効果もあります。

肌荒れの改善にも効果的なので、皮膚トラブル改善のために服用している人もいるほどです。

低用量ピル使用の難点

使用できない人がいる

低用量ピルに含まれる卵胞ホルモンの性質上、乳がんや子宮内膜症がんなどの病歴がある人は、低用量ピルを使用できません。

ほかにも、喫煙者は副作用が重く現れる恐れがあるので、低用量ピルを使用できません。

副作用がある

低用量ピルでも、むくみや吐き気などの副作用を起こすケースがあります。

特にピルによる重い副作用として、血栓症が挙げられます。血栓症は死のリスクを伴う危険があるので、ピルを服用する時は十分注意しておく必要があるでしょう。

飲み忘れ

1ヶ月の中に休薬期間を挟むと、服用の習慣を忘れてしまう可能性があります。

セラゼッタの特徴

予期せず妊娠してしまった女性セラゼッタに配合された主な有効成分は黄体ホルモンです。

1シート内のすべての錠剤が、同じ成分量で作られています。

休薬期間がないので、基本的に毎日飲み続けることになります。

セラゼッタ使用の良い点

高い避妊成功率

成分が変わってもピルとしての効能は落ちないので、低用量ピルと同じように高い避妊成功率を誇ります。

幅広い人が使用できる

セラゼッタは卵胞ホルモンを含まないので、低用量ピルを使用できなかった婦人科の病歴を持つ人や喫煙者、40歳以上の人でも使用できます。

体質や病歴など、いろんな理由でピルを諦めていた人達にも、セラゼッタならおすすめできるのです。

血栓症を引き起こすリスクがない

セラゼッタの使用で、血栓症などの重い副作用が現れたという事例は出ていません。

血栓を起こしやすい体質の人でも使用できるピルです。

セラゼッタ使用の難点

軽度の副作用

セラゼッタは体に優しく作られていますが、軽度の副作用としてニキビや不正出血、腹痛や吐き気などの軽度の症状が現れることがあります。

飲み続ける

低用量ピルと比較すると休薬期間が存在しないので、服用をスタートしたら継続して飲み続けなければいけません。

毎日飲み続けるのに自信がない人には難しいかもしれません。

通販で買えるセラゼッタと低用量ピルを比べてみた・まとめ

セラゼッタのパッケージセラゼッタと低用量ピルは、どちらも高い避妊成功率を誇っています。女性の避妊対策としてはどちらもおすすめです。

大きな違いとしては

・休薬期間があるかないか

・使用対象の範囲の違い

・副作用の内容

これらが挙げられるでしょう。

体質に合うピルを選んで、避妊対策やホルモンバランスの改善に役立ててください。

セラゼッタの購入はこちら

コメント