どうしてセラゼッタはタバコOKなのか

\90秒で注文完了/セラゼッタの購入はこちら
タバコの画像 低用量ピルはタバコとの相性が悪いので、喫煙している方には処方してもらえません。

タバコは健康にもお肌にも良くないものですが、長年タバコを吸っている方が急に禁煙するのは簡単なことではありません。

なので、低用量ピルを使いたいと思っていても禁煙できないから使えない…そう悩んでいる女性も多いでしょう。

 

ただ、当サイトで紹介しているセラゼッタは喫煙者でも服用できるミニピルです。

なので、無理に禁煙する必要はなく、今まで通りタバコを吸いながらピルの効果も得られます。

しかし、どうして通常の低用量ピルはタバコがNGなのにセラゼッタはOKなのでしょうか?

 

これから通販でセラゼッタや低用量ピルを購入しようと考えている方は、ぜひとも購入前に参考にしてください。

 

そもそもなんでピルとタバコは相性が悪いのか?

ピルとタバコはNGということは知っていてもその理由まではよく分かっていない…。どうしてタバコとピルは相性が悪いのか?その理由は「血栓症のリスクが高まるから」です。

 

血栓症とは、血管の中に血液の塊が出来て血管を詰まらせる病気です。血管が詰まってしまうと、肺塞栓や心筋梗塞などを引き起こし、最悪の場合には命を落とすことに。

非喫煙者と比べると、喫煙者は血栓症を起こすリスクが167倍も高いと言われています。

 

また、低用量ピルにも血液を凝固させる作用があり、血栓症のリスクを高める副作用があります。

タバコと低用量ピルはそれぞれで血栓症のリスクを高めますが、それらを併用することで、よりリスクを高めてしまうこととなります。

よって、喫煙者は低用量ピルの服用がNGとされています。

 

通販で買えるセラゼッタはなんでタバコOK?

ピルとタバコがNGの理由はお分かりいただけたかと思いますが、次はなぜセラゼッタならOKなのか?というお話。

 

セラゼッタはピルの仲間ではありますが、一般的な低用量ピルと違う点が1つあります。

それは、卵胞ホルモンを含まないという点です。

 

通常、低用量ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンが配合されています。そして、低用量ピルに含まれる卵胞ホルモンに血栓症のリスクを高める要因があります。

 

ですが、セラゼッタには卵胞ホルモンは含まれておらず、血栓症のリスクはほとんどないとされています。よって、普段からタバコを吸う女性でもセラゼッタであれば服用できます。

 

タバコを吸わなくてもセラゼッタが向いてる人

予期せず妊娠してしまった女性今までタバコを吸うから低用量ピルを試せなかったという女性でも、セラゼッタであれば使用可能です。

ただ、喫煙者以外にもセラゼッタが向いている方がいます。ここでは、低用量ピルよりもセラゼッタが向いているタイプの方を紹介します。

 

ピルのあらゆる副作用が心配な女性

低用量ピルは女性ホルモンの含有量が少ないため、強い副作用が出ることはほとんどありません。ですが、卵胞ホルモンを含まれているので頭痛、胃の不快感、むくみなどの症状を感じることもあります。

セラゼッタの場合には、卵胞ホルモンが含まれていないので、これらの副作用を感じることはありません。黄体ホルモンによって肌荒れを起こすおそれもありますが、低用量ピルよりも体に優しいです。

 

タバコを吸わなくても周囲に喫煙者が多い女性

本人はタバコを吸わなくても家族・彼氏・職場で喫煙者が多い場合には、セラゼッタがおすすめです。というのも副流煙を吸い込むことで自然と受動喫煙してしまい、喫煙者と同等もしくはそれ以上に血栓症のリスクを高めます。

 

ニコチン入りの電子タバコを使用している女性

電子タバコは通常のタバコよりも健康への影響は少ないというイメージがありますが、ニコチンを含む電子タバコを使用している場合には低用量ピルはNGです。

ニコチンが含まれていないリキッドタイプの電子タバコであれば問題ありませんが、ニコチンが含まれている商品を使用していれば結局は通常のタバコと変わりませんのでセラゼッタにしましょう。

 

40~50歳の女性

女性は年齢を重ねるとともに女性ホルモンの分泌量が低下し、40~50歳の更年期になると子宮体がんや卵巣がんなどの女性特有の病気を発症しやすくなります。

これらの原因は卵胞ホルモンであるエストロゲンなので、低用量ピルの服用は適していません。ただし、セラゼッタのようなミニピルであれば卵胞ホルモンは配合されていませんので服用可能です。

 

授乳中の女性

低用量ピルに含まれるエストロゲンは、母乳量を少なくしてしまうという理由で授乳中の服用はNGとなっています。

ですが、セラゼッタであればエストロゲンの影響はないので、授乳中の女性でも使用していただけます。

 

血栓症リスクは誰でも起こる!タバコを吸わない人も気をつけよう

セラゼッタのパッケージタバコを吸う方や低用量ピルを服用している方は血栓症になりやすいと言われていますが、タバコは吸わないしピルはセラゼッタを服用しているといった方でも血栓症のリスクはあります。

 

血栓症は血管に負荷がかかると発症します。そのため、長時間同じ姿勢をキープしている方に起こりやすいです。よって、普段からふくらはぎや土踏まずを刺激したり、血液がどろどろにならないようにしっかりと水分補給をするようにしましょう。

 

血栓症が怖いからピルが試せなかった…そんな方でも、普段から生活習慣に気をつけてセラゼッタを使用すれば血栓症の心配は要りませんので、安心して通販してください。

セラゼッタの購入はこちら

コメント